スーツケースに荷造り

スポンサードリンク

家族4人で海外旅行は本当に大荷物です。

今回はスーツケース2個とアイスボックス1つに各自がディパックなど背中に背負うモノを持って行くという体制です。

スーツケースに荷造り

しかし、子供といえども、このくらい大きくなると普通の大人と同じくらいの荷物になります。

本当に山のような荷物です。

そして、オーストラリアは季節が逆になりますので、冬装備を持って行く必要があるのです。

いくらあついノーザンテリトリーとはいえ、エアーズロックリゾートは夜には気温が10度以下になるとのことです。

国内を車で旅するときには、あまり考えずにあれもこれもと荷物を持っていきますが、海外旅行となると、そうも行きません。

なんと言っても荷物の重量制限があるのですから。

通常、一人の荷物は20kgのはずです。

飛行機の機内手荷物は含まれていないはずですので、ある程度大きめの手に持つようバックを持っていて、重量オーバーに備えようと思います。

アイスボックスは持って行きます。

車の旅には絶対の必需品です。

現地で購入してもよいのですが、やはり使い慣れた、それでいて壊れてもよいアイスボックスを一つ持って行きます。

アイスボックスの中にはお皿やコップなどを入れておくとよいですね。

あれ、オレの着替えを入れるスペースあるのかな・・・・

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人について

管理者

管理者:Yasu

初めての海外旅行は20歳の時のバイクでオーストラリア1周。新婚旅行はバイクでニュージーランド南島1周。ただいま自転車で世界各国を走ること挑戦中。

ピックアップ記事

  1. ヨセミテ バレービジターセンターのとなりに、そのアンセル・アダムスギャラリーはあります。ビジター…
  2. 普段は朝食を取らない私ですが、ツァー中は朝食を取ったりします。なんと言っても初日で、コレから先ど…
  3. セドナホテルのロス アブリガドス リゾート アンド スパに宿泊しました。そのレポート。この「ロス…
  4. オーストラリアのキャラバンパークに泊まってみたレポートです。オーストラリアと言えば、地平線に消え…
  5. ダーウィンでのインターネット事情は、昨日の記事でかきましたが、とりあえず24時間無制限につなげるのは…
PAGE TOP