エアーズロックのサンライズ【写真撮影禁止】

スポンサードリンク

エアーズロック、ウルルと言えば、朝日と夕日でしょう。

自然の中にいると、この朝日と夕日を外すことは出来ません。

エアーズロック

もちろん滞在中は、毎日エアーズロックの朝日、夕日を見に行きます。

毎日、違う表情を見せてくれることを期待して。

エアーズロック

今日は朝6時ちょっと前に起床。

すぐに着替えて、カメラを持って車に乗り込みます。

エアーズロックのサンライズポイントはヘッドクォーターより、完全に裏側となります。

距離にして25キロくらいあるでしょう。

公園の入り口につくと、料金所はすでにやっていました。

昨日購入したチケットを提示すると、問題なく公園内に入ることが出来ます。

3日間の有効と言っていました。

さて、エアーズロックの登山口によってみると、さすがにゲートは閉まったままです。今の時間は6時半少し前。

やはり、エアーズロックの頂上で朝日をむかえることは出来ないみたいです。

すぐにエアーズロックサンライズポイントに向かいます。

すでにたくさんの車が止まっていました。

私もカメラとビデオを持って行きます。

ただ、今日は雲が多く地平線から太陽が出ても、少しの時間雲の中のようです。

こうなると、真っ赤な朝焼けのエアーズロックはちょっと期待できないかもしれません。

雲の中から太陽が出てきました。

一瞬だけエアーズロック真っ赤になりました。

あと2回、この真っ赤なエアーズロックを見ることが出来ます。

明日も楽しみです!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人について

管理者

管理者:Yasu

初めての海外旅行は20歳の時のバイクでオーストラリア1周。新婚旅行はバイクでニュージーランド南島1周。ただいま自転車で世界各国を走ること挑戦中。

ピックアップ記事

  1. 1927年にできたヨセミテ、いやアメリカでも屈指のリゾートホテルです。シャトルバスの3番停留所で…
  2. イギリスを旅行する際にレンタカーを借りる方も多いと思います。こんにちはYasuです。特にイギリス…
  3. 海外に行くと、なんといっても楽しいのは食事!という方は多いでしょう。しかし、海外の日本食、和食は…
  4. というわけで、人生初の台湾。今回はジェットスターの台湾便就航というコトで、それに乗ってしまったわ…
  5. 広大なヨセミテとヨセミテビレッジに訪れる人は、すごい人数になります。その人たちのいろいろなサービ…
PAGE TOP