パスポートの申請と準備するもの

スポンサードリンク

海外旅行へ行く時にパスポートはなくてはならないものです。

いろいろなものを用意しても、このパスポートがないと海外にはいけません。

また飛行機のチケットを取得、クルマを運転する時に必要な国際免許取得をする場合もパスポートが必要になります。

海外旅行には常に必要となるパスポート。

通常であれば10年ものが取得できますので、海外旅行が気になるあなたはすぐに取得をしておきましょう。

パスポート申請について

パスポート申請手続きは、住民票がある都道府県庁の申請窓口、またはパスポートセンターなどの出張所でも行なうことができます。

だいたい申請をしてから1週間程度でパスポートを受け取ることができます。

申請から受け取りは、各窓口で確認をしましょう。

旅行予定から1ヶ月を切った状態でパスポート取得となると大変なので、予定がある場合はできるだけ早く取得することをオススメします。

パスポートの種類

パスポートの種類は有効期限が5年間の紺色パスポートと10年の赤色パスポートがあります。

発行手数料はそれぞれ違います。

また20歳未満の場合5年用しか申請ができません。

  • 5年間の紺色パスポート:11,000円(12歳未満6,000円)
  • 10年の赤色パスポート:16,000円

たしかにウチの子供たちも5年も経つと顔も変わってきますからね。

パスポート申請に必要なもの

以下にパスポート申請時に必要なものを列記します。

一般旅券発給申請書(1通)

一般旅券発給申請書はパスポート申請受付をするところにありますので、申請時にその場で記入をすればOKです。

20歳未満の方が申請する場合、法定代理人のサインが必要です。

戸籍謄本 または抄本(1通)

半年以内に発行されたもの

住民票(1通)

住民票が1通必要になります。

写真(1通)

  • 半年以内に撮影をしたもの
  • サイズ:縦4.5cm×横3.5cm
  • 背景無地、無帽、正面向き、上半身
  • 白黒でもカラーでもOK
  • スナップ写真はNG
  • パスポート用のインスタント撮影を使うと手軽です。

身元確認書類など

雲煙免許証、住基カードなど写真付き身分証明書なら1つ

社員証、学生証など公の機関が発行した資格証明書なら2つ

以前旅券取得した場合は、その古い旅券

パスポートの受領について

指定された受領日以降に受領書を持参して、本人が受け取りに行きます。

発行手数料としての印紙は受領証に貼ります。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人について

管理者

管理者:Yasu

初めての海外旅行は20歳の時のバイクでオーストラリア1周。新婚旅行はバイクでニュージーランド南島1周。ただいま自転車で世界各国を走ること挑戦中。

ピックアップ記事

  1. トッドモール(todd mall)はアリススプリングスの街、中心にある商店街となります。アリス …
  2. エアーズロックが登山禁止になっていたので、急きょカタ・ジュタ(Kata Tjuṯa, Kata Tj…
  3. チャペル オブ ザ ホーリークロス Chapel of The Holy Crossはセドナの街、「…
  4. 日常でも離せない腕時計だが、海外旅行となるとなおさらだ。現地では日常生活よりも腕時計の必要性を感…
  5. ダーウィンエアポートはとても小さい空港です。カンタスのジェット機から降りると歩いてターミナルまで…
PAGE TOP