アメリカ:ESTAの取得

スポンサードリンク

ビザは国が発給をする入国許可証のことです。

日本人であれば、アメリカへの90日間以内の観光などの目的滞在であれば、ビザ取得の必要はありません。

ESTAとは

ビザ無しでアメリカへ行く場合、2009年1月より電子渡航認証システム(ESTA)が導入されました。

このESTAを渡航する前の3日前(72時間前)までに申請取得することを推奨されています。

有効期間は2年ありますので、渡米予定がある場合、できるだけ早めに取得をしておきましょう。

インターネットを使い、ウェブサイトから申請取得すれば30分もあれば完了をします。

ただしウェブサイト上から申請をする場合、クレジットカードが必要になります。

最終的な入国許可は、初めて渡米する入国地によって入国審査官が行います。

またESTAは本人以外の第三者が行なうことが可能です。

事実私も家族の分を、渡しが全て申請取得をしました。

ウェブサイト上でESTA取得の流れ

ESTAの登録申請

ウェブサイトにアクセスをします。


ESTAの登録申請

以前に申請をしている場合は、このとなりの更新、状況確認をみます。

新しく申請をする場合、「申請」をクリックして申請に進みます。


ESTAの登録申請

「はい」にチェックをして「次へ」をクリックします。

申請者の情報入力

申請者の情報を入力します。


ESTAの登録申請

すべてを入力して「次へ」をクリックします。

次のページで再確認、再入力をして「申請」をクリックします。

申請番号の確認

ESTAの登録申請

申請番号を控えて「次へ」をクリックします。

次の画面で「支払い」をクリックします。

クレジットカードにて支払いを進めます。

クレジットカードにて決済

ESTAの登録申請

14ドルをクレジットカードで決済をしてESTAの登録は完了です。

引き続き、別の型を申請する場合は「別の渡航者の登録」をクリックして進めます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人について

管理者

管理者:Yasu

初めての海外旅行は20歳の時のバイクでオーストラリア1周。新婚旅行はバイクでニュージーランド南島1周。ただいま自転車で世界各国を走ること挑戦中。

ピックアップ記事

  1. 台湾に行ったら、やはりグルメを堪能したいもの。同じアジアでありながら、台湾のグルメは日本の食事と…
  2. 今日がエアーズロックリゾートに泊まる最終日です。最後のエアーズロック夕焼けです。今回のエアー…
  3. ロウワーアンテロープキャニオン(Lower Antelope Canyon)へ行きます。アンテロ…
  4. オーストラリアは日本、アメリカとは違い、まだまだインターネット環境が整っていません。私たちの泊ま…
  5. ダーウィンエアポートはとても小さい空港です。カンタスのジェット機から降りると歩いてターミナルまで…
PAGE TOP