タスマニア遠征準備:オーストラリアETAS取得の最安値はここだ!【オーストラリア渡航に必須】

スポンサードリンク

来週はタスマニアへ遠征だ。

で、オーストラリアというと、やっぱりETASだ。これがないとヤバい。

アメリカ同様、オーストラリアも必要。

ほとんどの国で世界で一番信頼されている日本のパスポートを持っていれば、ビザは必要ないのだが、アメリカ、オーストラリアなどはETASがいる。

オーストラリアの場合も、このETAS取得に、どこかへ行ったり、大使館に行くなどの必要はありません。ネット上ですべては完結をする。

ちなみにETAS(イータス)とは、「ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEM」の略です。

オーストラリアETASの申請料金

etas

オーストラリア政府・移民局サイトから申請を行う場合、サイトを見ればわかるようにAU20ドルがかかります。

必要情報を入力、カードで20ドル支払えばOKです。

けっこう高いよね。1人分20ドル、約2,000円。家族4人だと8,000円の出費だ・・・

しかし、代行業者でやってもらうと、これが4分の1になる。

ETASの代行業者

いろいろな代行業者がある

オフィシャルでやると2,000円くらいかかるのに、代行業者だとヘタすると5分の1の約400円程度からある。どうなっているんだこれは?

以前、同様にETASを取得してオーストラリア行ったことあるが、このETASが必要になった場面は一回もなかった。文字通りお守りだった。

出発直前になると、めっちゃ高くなるので、できれば1週間前にはやっておこう。

ETAS取得の実際

以前利用をしたことがある、JECさんに依頼をした。

しかし・・・数年前同様、ドメインが「fc2」なんだが・・・やる気あるのだろうか???謎だ。

一人490円。1週間前なら、ここが最安値。4人分カートに入れる。

4人分1,960円。レジへ進む。

安心のペイパル決済。

3日後にはメールでワードの書類が送られてきました。

この度はETASのお申し込みをいただきまして誠に有難うございます。ETASの登録を終えましたので、登録済内容を添付いたします。添付いたしました見本を参考にしていただき、登録内容のご確認をお願いいたします。渡豪の際は、プリントしたものをご持参ください。宜しくお願いします。

とのことだ。

たぶん今回も、ただのお守りになると思うが、プリントアウトして持参をする。

というわけで、春休みなどでオーストラリアへ行かれる場合、早めにETAS取得されることおすすめをします。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人について

管理者

管理者:Yasu

初めての海外旅行は20歳の時のバイクでオーストラリア1周。新婚旅行はバイクでニュージーランド南島1周。ただいま自転車で世界各国を走ること挑戦中。

ピックアップ記事

  1. セドナ空港はセドナの街から近い場所にあります。エアポートメサの奥に滑走路があり、こんな高いところ…
  2. 今回の航空チケットはキャセイパシフィックです。地球の歩き方の格安チケット。オーストラリア内で…
  3. ニューメキシコ南部の乾燥地帯、山に囲まれたバレーに突如現れる真っ白な世界。それがホワイトサンズです。…
  4. 今日の夕飯、家族はチャイニーズでオレはメキシカン。子供たちにメキシカン?・・と聞いたら、2日連続…
  5. アリススプリングス空港へ無事到着です。あとはチェックインをするだけです。小さい空港は、チ…
PAGE TOP