海外旅行には1,000円腕時計がめっちゃいい!5つの理由【2016年版】

スポンサードリンク

日常でも離せない腕時計だが、海外旅行となるとなおさらだ。

現地では日常生活よりも腕時計の必要性を感じるであろう。

しかし、日常と違い、多少の非日常を感じる海外旅行。そんな海外旅行に持っていくのは1,000円時計が一番と感じている。

そのほとんどが軽量・シンプルで見やすい

時計という機能に特化をしている1,000円時計は曜日の表示もない。

そのため基盤は時刻表示のみだ。

めっちゃ見やすい。余計な機能がないシンプルなそのデザインは時間を見るということに関しては一級品だと思う。

無くしても惜しくないほど安い

1,000円という安さは、本当になくしても惜しくはないだろう。

事実、今年2016年タスマニアに旅行に行って次女が時計をなくしてしまった。

でも、値段が値段だけに惜しくない。帰国して、同じものを購入した。

去年10月、次女に買って無くして、先週同じものをもう一つ購入。

でも防水機能が備わっている

1,000円でも最低限の防水性能が備わっている。

ダイビングやるわけではないので、最低限といえば・・・「雨に濡れる」「シャワーを浴びる」「手を洗う」という状況でも問題なければOK。

通常安い時計でも「10BAR」の防水性能があるので、全く問題ないだろう。

10BAR:日常生活用強化防水

WATER RESIST(ANT)10barはどのくらいの防水かというと以下になります。

水に触れる機会の多い水仕事(漁業、農業、洗車、食堂 etc.)や素潜り・水上スポーツ(水泳、ヨット、つり etc.)をされる方に安心してお使いいただけます。水滴がついた状態でのボタン操作はできません。

  • http://citizen.jp/cs/support/watch/waterproof.html(シチズン防水時計の取り扱いより抜粋)

ボタン(りゅうず部と思われる)の操作はやってはまずいのか。おぼえておこう・・・

何かあった時渡すことができる

えっと、時計って結構高価なものと思うのですよ。

で、海外で何かあった時などに相手に渡す一番いいものとなるかな。できればカメラ渡したくないし。

感謝の気持ちで手渡せる場面もあるかもしれないし、何らかの理由で相手に渡す必要がある場合など1,000円時計なら惜しくない。

時刻合わせがめっちゃ簡単

これすごい重要視しているんですが、みんな持っているデジタル系の時計・・・あの側面にボタンが5つも6つもならんでいるヤツ・・・

あれ現地で時刻合わせ、簡単にできるんですかね?

たぶん、説明書ないと時刻合わせはおろか、便利なアラームなども操作するの難しいと感じます。

1,000円時計なら、その心配は全く無し。

りゅうずも1つ。それも時刻合わせに使うだけなので、簡単です。


そんな簡単、軽量、シンプルな1,000円腕時計。

おすすめを!

1,000円時計おすすめリスト

安いけど、今の時計はデザイン的にもとてもステキ。

普通につけていても、全く問題なし。

カシオ アナログウォッチ MQ-24-7B2LLJF

CASIO MQ-24-7B2LLJF Men's Analog Watch

めっちゃシンプルで、本当に見やすい腕時計だ。

1日中腕につけていても全く気にならないほど軽量。

文字盤もかわいい。次女のお気に入り。

CITIZEN Q&Q 腕時計 Falcon

CITIZEN Q&Q 腕時計 Falcon

長女が使っている時計。ちょっと高級感有りで学校にもしていっているよ。

女性がするにも、かなりいい感じの時計だ。

CITIZEN Q&Q 腕時計 Falcon スポーツタイプ

CITIZEN Q&Q 腕時計 Falcon

オレの使っている時計だ。

1,000円とは思えないほど、立派なスポーツウォッチでしょ?

文字盤もすごく見やすく、質感もばっちりある。

これ買ってから、ホイヤーやSEIKOの時計をすることはほとんどなくなった。

飲み会に行くときもこれなら安心。オレよく時計を外してテーブルにおいておくこと多いから。

安いけど、使いやすい腕時計はたくさんあります。

ぜひ、あなたも海外旅行に行く際、このような時計をそろえてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人について

管理者

管理者:Yasu

初めての海外旅行は20歳の時のバイクでオーストラリア1周。新婚旅行はバイクでニュージーランド南島1周。ただいま自転車で世界各国を走ること挑戦中。

ピックアップ記事

  1. ノーザンテリトリーを走っていて、南北にオーストラリア大陸を貫くこのスチュアートハイウェイ。そして…
  2. ロスアンゼルスエアポートLAX、ほぼ定刻通りに、我々の乗ったシンガポールエアラインSQ012便は到着…
  3. カタジュタには2つのトレイルがあります。まずはその一つ風の谷(Valley of the Winds…
  4. ダーウィン国際空港・アクセス・レンタカーの借り方をチェックします。以前、真冬8月末のオーストラリ…
  5. オーストラリアのキャラバンパークに泊まってみたレポートです。オーストラリアと言えば、地平線に消え…
PAGE TOP