海外旅行STYLE

海外旅行は個人で行くのがほんとうに楽しいです。管理者Yasuがこれまで行った海外旅行を案内します。

2018年:北イタリア2週間レンタカーの旅ブログ

北イタリア2週間レンタカー旅の準備【航空券・ホテル・レンタカー】

投稿日:2018年7月15日 更新日:

今年の夏は北イタリアのミラノ、アルプス、コモ湖などをレンタカーで巡ってきた家族旅行をブログするよ。

オレの自転車イベントにエントリーするため、前半は北イタリアのボルミオというスキーリゾートに1週間ほど滞在。その後レンタカーに乗りコモ湖などを巡ってミラノへ帰るという旅程。

非常に余裕のある、またあまり観光をせずに1箇所にじっくりと滞在をするというぜいたくなイタリア旅行となった。

まずは準備編ね。

イタリア航空券の予約

イタリア行きの航空券はいつも使っているエクスペディアを今回も利用した。この手の航空券は、基本どこで買ってもほとんど値段は一緒。であれば、ログイン情報があるサイト、ポイントを貯めているところで統一したほうが良いと考えるよ。

エクスペディア

出発は7月19日、帰りは現地ミラノ・マルペンサ空港を8月4日に出て成田に8月5日着。

ちなみにこのイタリア・ミラノマルペンサ空港-成田往復チケットを取ったのが2018年3月10日と約4ヶ月前。この時点で1人分のチケット料金は146.040円であった。

イタリア・ミラノマルペンサ空港-成田往復チケット

その後、ウチの長女も会社の休みが取れ、イタリアに行くことになった。約2ヶ月遅れで出発は1週間遅れ、帰りは同一というチケットを検索してみた。

同じイタリアミラノ・マルペンサ空港➖成田往復チケットだが、2ヶ月違うと1人分のチケット代はなんと10万円以上もの価格差が出る。

もし海外に限らず、旅行の予定が決まっている場合、出来るだけ早く予約を確保することはとても大切だよね。

イタリアホテルの予約

北イタリアの旅。まず前半はボルミオというスキーリゾートに1週間ほど滞在をする。その後コモ湖へ移動、数日過ごした後ミラノに戻り帰国するという流れ。

さっそくイタリアの宿を予約しよう。

ウチらは家族4人で泊まることもあり、だいたい宿、ホテルを選ぶ時はリビングとキッチンが付いているスイーツにする。

ベッドルームが独立していると、使い勝手はいい。特に時差ボケで早く起きてしまう場合もあるだろう。そんな時独立したリビングダイニングルームがあると、ゆっくりと誰にも迷惑をかけずにお茶を飲んだり早めの朝食を取ったりできる。

逆にゆっくりと寝ていたい場合も、リビングが分かれていれば、ベッドルームを自由にのんびりと過ごすことができる。そんな条件で今回もイタリアのホテルをチェック・検索してみた。

ホテルの予約はいつものエクスペリアとBooking.comを使った。



Booking.com

ミラノ・マルペンサ空港近くのホテル:Mxp Rooms

ミラノ・マルペンサ空港近くのホテル:Mxp・Rooms

  • Mxp Rooms
  • Via dell'Ongaro 8 Cardano al Campo

マルペンサ空港より約10kmとほど近い。

空港でレンタカーを借りて、すぐホテルに入りたいウチラにはちょうど良い距離。

アリタリア航空のマルペンサ到着は18時半。そこからレンタカーを借りて、ホテルに向かうならこのくらいの距離はかなりいいだろう。

イタリアの右側通行、左ハンドル、さらにマニュアルミッションのレンタカー初日としては最適な宿だ。

スイーツで独立したベッドルームがあり、朝食付きでこの価格は安い!即決。エアコン有りと敷地内駐車場も必要ね。

ボルミオのホテル:オリンピア ホテル

オリンピア ホテル

ボルミオの中心街から川を隔て、ちょっと外れた場所にあるホテル。

重要視したのは2つのベッドルームとリビング・ダイニング。あとは無料の駐車場。駐車場はホテル敷地内にあり、部屋からアクセスがしやすい場所にある。

これらの条件から、このオリンピアホテルの「アパートメント (2ベッドルーム)」を選択した。ダブルベッド1台とシングルベッド2台で2つのベッドルームがある。

またリビングダイニングはきちんと独立して広く、フルキッチンにテーブル、ソファーもある。長期滞在にはうってつけのホテルと言えるだろう。

予約は7月20日-7月30日チェックアウトの10泊。もう、めっちゃのんびりね。

コモ湖のホテル:B&B Garzola

コモ湖のホテル:B&B Garzola

  • B&B Garzola
  • Via Giovanni Castelli 30, 22010 Ossuccio, Italy

コモ湖近くの高台にあるホテル。ここも1リビング1ベッドルームのスイートを選んだ。

朝食付き。もちろん敷地内の無料駐車場は絶対に必要。

ミラノ市街のホテル:レッド ライン アパートメンツ ミラノ

レッド ライン アパートメンツ ミラノ

  • Via Marco Aurelio 2, ヴィアーレ・モンツァ, 20127 ミラノ, イタリア

ミラノ市街のホテルは、けっこう悩んだ。その悩みのタネがレンタカー。

多分、ミラノ市街を観光する場合、レンタカーで行くことはないだろう。レンタカーは最後に空港へ行くための手段で残してあるだけ。

なので、ミラノのホテルに必要なのはセキュリティのしっかりした駐車場。あとエアコン。夏のミラノは暑い。日本と同等程度の気温とのことだ。なのでホテルにエアコンがあるということは絶対に必要。

あと、地下鉄の駅が近いのもかなり重要。このホテルはミラノ地下鉄M1の駅が徒歩5分にあるのもよかった。

レストラン、スーパーマーケットが近くにあるのも大切。



Booking.com

イタリアのレンタカー予約

イタリアのレンタカー予約もいつもの「Rentalcars.com」を使う。

まぁ、とりあえず最安値検索をしてくれるので、こいつを使ってしまうかな。

というわけで、イタリア・ミラノのレンタカー予約をすすめる。

レンタカーはミラノ・マルペンサ空港でピックアップして返却をする。

いろいろなレンタカー会社から価格順で並べてくれる。

とりあえず、4人と荷物に自転車がある。値段的にFord Fiestaで行けるか・・・カローラクラスの車が来ればOKだが・・・どうだろう。

レンタカー会社が「InterRent」と初めて聞くようなレンタカー会社。

とりあえず、こいつでひとまずレンタカーを確保する。

レンタカー予約完了。

とりあえず、レンタカーはRentalcars.comでOKね。

イタリアはビザが必要?

日本人がイタリアに観光旅行行く際はビザの必要はありません。

日本とイタリアは査証免除取極が締結されているため、観光や知人訪問などを目的とした90日以内の滞在ならば、ビザの取得は不要です。

90日超える、語学留学とか就労などを考えている場合はビザが必要なので、イタリア大使館へGOだ。

まとめ

今回のイタリア旅行だが、航空チケット予約に関しては、早いことに越したことがないということがやはり証明された。

2ヶ月チケット予約が遅れると10万円もの料金に差があるのは驚いた。

エアチケット、レンタカーの予約に関しては、比較サイトの充実により、全く時間がかかる事無く手配が完了をする。いつも自分が使っているサイトを利用すればいい。

しかし、ホテルはいつもの通り決定をするまでかなりの時間を要する。これが2人程度で1部屋なら利便性と価格で簡単に決まるだろう。

しかし、ウチは家族4人とレンタカー。で、リビングとキッチン、駐車場も必要となる。このようなホテルはけっこう少ない。どちらかと言うとアパートメントホテルになるから。

家族で海外旅行を考えている方は、早め早めの準備が必要ね。







  • この記事を書いた人

yasu

-2018年:北イタリア2週間レンタカーの旅ブログ

Copyright© 海外旅行STYLE , 2018 All Rights Reserved.